IELTS 通学コース

 

イギリス系正規留学テスト IELTS : UK, Australia, NewZealand, Canada
上記イギリス系各国への移住用のテスト

目標スコア IELTS 6.0以上

IELTS は、International English Language Testing System の略で、
イギリスやアイルランド、オーストラリアやニュージーランドの大学・大学院等に入る際に、
たいてい英語力の証明として使用するテストです。

イメージ的には、コモンウェルス諸国内でしか通用しない資格だと思われがちですが、そんなことはありません。
アメリカやカナダでも認められる場合があります。どの大学で認められ、
どの大学では認められない(可能性もある)かは、
IELTS 公式サイトの、What organisations recognise IELTS?
に目を通してみてください。その数にびっくりすると思います。 

アイエルツ(IELTS)は、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほとんどの高等教育機関で認められています。
米国でも TOEFL に代わる試験として、入学審査の際に採用する教育機関が増えています。

 

回数 日時 単元 内容
3 リプレイスメントテスト
オリエンテーション
模擬テストの実施 :受講者の英語力の傾向を見分け、学習方法、強化ポイントなどスコアアップのアドバイス&スコア達成後の目標設定講座受講にあたっての予習、復習の仕方など
3h ライティング① General Training選択 テストヒントの解説 :
レター形式における書式のポイントエッセイ形式における論の立て方、展開の仕方言葉の選び方意見の表現方法 練習問題
3h ライティング②
Academic 選択テストヒントの解説 :
図表の解説レポートのポイントエッセイ形式における論点の攻め方・守り方与えられたデータを表現、比較したり、物事のしくみを表現、解決方法の提示、自分の経験をふまえた意見の比較や対照など練習問題
3h リーディング① GeneralTraining 選択テストヒントの解説:セクションごとの解説
socialsurvival
②course related
③general reading
スキャニングとスキミング読解スキル:核となる考えや意見、書き手の態度など練習問題
3h リーディング②
Academic 選択
テストヒントの解説 :
ジャーナル・新聞・書籍・雑誌など、専門特化した知識ではなく一般的な教養を問う内容への対策 ・スキャニングとスキミング読解:核となる考えや意見、書き手の態度など速読:詳細な情報まで読み取る練習問題
3h ボキャブラリー
ビルダー①
文法補強①
復習テスト①
テストに役立つ語彙力アップ文法の解説ライティングとリーディングのユニットからの復習テスト
3h リスニング①
スピーキング①
テストヒントの解説 :リスニング: セクションごとの解説①対話 ②スピーチ ③会話④講義特定の情報をつかむ話者の意見の理解
テストヒントの解説 :スピーキング : パートごとの解説

  1. 自己紹介と面接(一般的な会話) ②単独での発言
  1. ディスカッション

自分のことを話す意見をまとめ、要領よく話す説明の表現演習問題

3h リスニング②
スピーキング②
3h リスニング③
スピーキング③
10 3h リスニング④
スピーキング④
11 3h ボキャブラリー
ビルダー②
文法補強②
復習テスト②
テストに役立つ語彙力アップ文法の解説リスニングとスピーキングのユニットからの復習テスト
12 3h ライティング演習①
リーディング演習①
演習問題 :
ライティング・リーディング問題をときながら、ポイントを整理、解説、復習受講者の傾向を見分け、学習方法の見直しとアドバイス
Academicと*GeneralTrainingのどちらかを選択
13 3h ライティング演習②
リーディング演習②
14 3h リスニング演習①
スピーキング演習①
演習問題 :
リスニング・スピーキング
問題をときながら、ポイントを整理、解説、復習受講者の傾向を見分け、学習方法の見直しとアドバイス
15 3h リスニング演習②
スピーキング演習②
16 3h ボキャブラリー
ビルダー③
文法補強③
復習テスト③
テストに役立つ語彙力アップ文法の解説4技能のユニットから復習テスト
17 3h 速攻スキル講習テスト対策指導 IELTSのスコアアップをめざしたテストスキルの練習方法。4技能のスキルを再確認。テスト直前の対策からテスト中の時間配分などについてもアドバイス。
18 3h 修了テスト総復習 IELTS形式での模擬テスト:
ユニット2~17の内容を網羅し、IELTS形式で総復習する。解説&ワンポイントレッスン。目標スコアをクリアできなかった場合には、補講と再テストを受ける。
補講 3h 補講修了テスト(再試) 補講 :
わからない点、苦手な点を質疑応答形式で総復習。修了テストの再試&解説。

 

*テキスト*

ロングマン出版の アイエルツ プラクティステスツを使用。
模擬テストおよびリスニングCDは付属のものを使用する。

Longman : IELTS Practice tests

 

*コース受講の順序・途中入学について*

初回は第1回リプレイスメントテストとオリエンテーション、最終回は第18回修了テストに限定する。
その他の回の授業については、随時途中入学可とし、
第2回から第17回までをすべて受講した後、 最終回の修了テストを受ける。

 

*授業進度について*

各回の授業は、出された宿題および指定された予習をしてきた前提で進められる。
ライティング授業は、課題を自宅で学習し、授業の前日までにメールか手渡しで提出しておく。
講師が授業当日までに添削しておき、授業の中で解説とアドバイスをする。
担当講師による授業時間外の個別の解説やアドバイスは別途有料とする。(補講参照)
授業中に時間がなければ、復習テスト後やスキルアップ講習中に応答、解説する。

 

*補講*

レビューテスト(復習テスト)でスコアが低い場合、
受講生本人が希望する場合には、補講を受けることができる。 (要予約: 個別指導 : 料金別途 3,000円/ 時間)

 

*振替授業*

授業を欠席した場合、振替授業を受けることができる。 ただし振替授業は1回分の内容を1時間で消化する。

(要予約: 5回まで無料)

 

※1コマ受講について

1コマ(1時間)コースは、各回のカリキュラム(3時間分)を3コマ(3時間)で消化する。
全54時間。 内容、授業時間数は上記コースと同一。規則的な通学のむずかしい受講生、
または土曜日クラスの受講がむずかしい 受講生を対象に、
カリキュラムをさらにこまかく配分して提供するのが趣旨。

費用

入学料     15,000円
受講料   700,000円(教材費込)
———————————- 

合計       715,000円(税込)

修了条件や、コースのカリキュラム、その他の規則

「英語テスト集中コース規則書」をご覧下さい。

問合先

英会話スクール&サロン ザ・クイーンズ・マナー 連絡先

今すぐお電話を。

問合フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

通学コースに関する質問
TOEIC(r)TEST 通学コースについてTOEFL(r)TEST 通学コースについてIELTS 通学コースについて

メッセージ本文

PAGE TOP